http://column.webcrow.jp/からサイト移転・URL変更しました。

美しき人妻と強盗男の不倫旅行【雪女と蟹を食う】ネタバレ公開!ドラマ24

「雪女と蟹を食う」彩女イメージ 不倫マンガ
不倫マンガ

2022.7.8スタート、テレビ東京・ドラマ24「雪女と蟹を食う」ユニークなタイトルに惹かれ見たら。う~ん面白いと思い原作を読みました。

原作は2020年12月全8巻で完結。「雪女と蟹を食う 沖縄編」が、2022年7月4日発売の「週刊ヤングマガジン」31号から短期連載中!ちょっとエッチな大人の恋愛漫画、今話題です。

自殺する前に蟹を食べたい男とメンヘルな美しい人妻が出会い、死ぬための不倫旅行へ出た。夏の北海道を目指して…あらすじをまとめたネタバレです。※TVドラマと原作は異なります。

主な登場人物

  • 北(きた)…痴漢冤罪で何もかも失った男。自殺する前に蟹が食べたいと強盗に入る。:重岡大毅
  • 雪枝 彩女(ゆきえだ あやめ)…強盗に押し入られた家の人妻。夫の不倫を見て見ぬふり、心を病んでいる美しい女。:入山法子
  • 雪枝 一騎(ゆきえだ かずき)…彩女の夫で作家の雪淵 一騎(ゆきぶち いっき)。妻の恐ろしい一面を見てから、愛人を囲っている。:勝村政信
  • マリア…札幌のキャバ女。北と関係、恋に堕ちてしまう。:久保田紗友

第1巻 強盗男・北と人妻・雪枝彩女の出会い

第1話:死にたい男と雪女
第2話:車内でプリン中
第3話:明暗の分岐点
第4話:孔明の罠
第5話:触れられざる過去
第6話:嘘と誠
第7話:日陰から
第8話:因果

痴漢冤罪で人生が破綻した男・北(きた)、首を吊ろうとするがどうしてもダメ。

仕方なくTVに目をやると美味そうな「蟹」が!27年生きて来て一度も食べたことがない蟹。食うまで死ねないと北海道の蟹の情報を調べるために図書館へ向かった。

通路ですれ違いざま女にぶつかった。白い上品なワンピースに身を包んだ清楚で美しい人妻、雪枝 彩女(ゆきえだ あやめ)。

一瞬欲情するが、大きなダイヤの指輪に目が行った。この女から金を奪えば北海道で蟹を食えると考えた北。尾行した先は高級住宅街、玄関から押し入ったのだが。…

「お金ならあります。身体が目的ならお相手もします。警察に届けたりもしません。」

あっさりとお金を渡すからと言われ寝室へ、夫は出張だからと誘われるままベッドイン。

彩女の積極的なリードで2度果てた北、金を受け取って帰ろうとするが。…「コーヒーをどうぞ」と言われ、強盗に入った理由を正直に話してしまう。「北海道で蟹を食ってから死のうと…」自分の愚かさに嫌気がさした。

すると「いいですね蟹、私も食べたいです。ご一緒します。」

実は、夫婦での北海道旅行を予定していた彩女。この日、蟹のグルメ番組に夫と愛人が映っていたのを偶然見てしまった。

夫が北海道に不倫旅行していることを知っていたのだ。

こうして、二人の死にたい男女の不倫旅行は始まった。

第2巻 出会うべくして出会った二人

第9話:月下の波
第10話:カワイイ人
第11話:欠けた器
第12話:バカな人
第13話:贈り物
第14話:きらめく指輪
第15話:遠いところ
第16話:雨
第17話:往き先

愛知を出てレンタカーで向かう先は、日本の最北端・北海道稚内。

二人は全国の観光地を巡り楽しい日々、美味いものを食べ豊満な肉体の彩女を抱いて、金の心配もない。人生の頂点に立ったのか?と勘違いしながら、微かに生きる楽しみを感じ始めた北。

8月8日、福島県会津若松市、この日は偶然にも二人の誕生日。「あなたと享楽にふけることでしか救われない…」と吐露する彩女に戸惑う。

北はガラス館で指輪を購入、プレゼントするつもりでいたが、渡せなかった。彩女の指にはいつもダイヤの指輪が光輝いている。夫を愛しているのだろう~、どうせこの夏でこの関係も終わり。死んでいるのだから。

第3巻 死ぬことが怖くなった北

第18話:ほしいもの
第19話:懺悔
第20話:露天風呂
第21話:境界線
第22話:独りの夜
第23話:同じ穴の貉
第24話:海の底
第25話:片道切符
第26話:未知の路

途中、体調を崩した彩女を乗せて辿り着いたのが、山形県尾花沢市銀山温泉。

ペーパードライバーの北、雨中慣れぬ運転で疲労、さらに助手席には病気の彩女。眼の前でトラックが横転事故、急ブレーキを踏む。彩女を道連れに死ぬところだった。

自分が死ぬために、彩女を連れて来たことを後悔しながらも、彼女を愛してしまった。死ぬことが怖くなってきた。

無事旅館についた二人。いつも優しい北におねだり、彩女は愛されている喜びに浸る。なぜ死のうとしているのか?

第4巻 彩女の夫は「雪淵一騎」小説家

第27話:祈り
第28話:銀河を越えて
第29話:幸い
第30話:終点への始まり
第31話:ナイスキー!
第32話:白い恋人と札幌デート
第33話:知りたいコト、知らないトコ
第34話:真夜中の彷徨いボーイ
第35話:巣立ち

八戸港でフェリーに乗船、北海道はもう目の前だ。

「夫に愛されない日常が嫌になったから、北さんに着いてきたの。…」「好きです」と告白する彩女。彼女のためにも心中なんかできない。二人で生きたいが。…彼女の方が自殺したい気持ちが強くなっていた。

夫は「雪淵一騎」という小説家であると教えられた。

どんな小説を書いているのかと思った北、札幌で夜一人で外出、書店で購入したのは「雪女と蟹を食う」。

「夫の不倫を知りながら、北海道に蟹を食べに行く夫婦。バレていながら何も言わない妻が怖くなり、夫は妻を殺害してしまう。」というストーリー。

第5巻 北の裏切りとマリアの悲しみ

第36話:Maria’s room
第37話:お片付け
第38話:ナンバーワン
第39話:家出少女
第40話:待ち人
第41話:悪夢
第42話:生き甲斐
第43話:雨の中の来客者
第44話:ヒーロー

外出したまま道に迷った北、マリアというキャバ女と出会う。翌朝、宿泊しているホテルに案内してもらうが、彩女はチェックアウトしていた。

居場所もお金もない北、マリアの好意で部屋に居候させてもらうことになる。

雨の日、傘を持ってマリアを迎えに行くとお店が火事に!火の中に飛び込む北、マリアを助けた。過去消防士の経験があったのだ。

一躍命の恩人となった北。部屋をお店のように飾りドレスアップしたマリアがもてなしてくれた。元カノに似ていたこともあり、とうとうマリアを抱いてしまうが。…彩女とは別れられない。

罪悪感から夢を見た「彩女は教会にいる!」と確信した北、マリアに事情を説明、再会することができた。一瞬裏切られた彩女だったが、何も責めることはなかった。ただマリアを悲しませてしまった。

第6巻 雪枝彩女の過去

第45話:恩返し
第46話:ヒーローのままで
第47話:また君に会いたい
第48話:光明
第49話:狡い人
第50話:ラーメン食べちゃったから
第51話:雪女の正体
第52話:やり残したこと
第53話:嘘じゃない嘘

学生時代、教師をしていた一騎に恋した清く美しい女性・彩女。家族に反対されるが結婚、一騎は小説家を目指し教師を辞めた。

しかし食うに食えず、仕事を探すと言う一騎に、「お金は私が何とかします。」と家を出た彩女。

しばらくして数百万の現金を持って帰ってきたが、…冷めた目に痩せた身体、もう淑女のような面影はない。男たちにカラダを売って稼いたのだ。

彩女の変貌ぶりに、言葉を失い背筋が凍ってしまった一騎。「雪女」だ!

いっしょにいるのが怖くなった一騎、家を出た。そして書いた「雪女と蟹を食う」彩女へのメッセージのつもりだった。「殺すかわりに別れてくれ、死んでくれ」と。

大好きだった夫から愛されなくなった彩女、このときから死ぬことを考えていた。

第7巻 北海道稚内到着「雪女と蟹を食う」

第54話:夏の蟹
第55話:最果て
第56話:秘密の約束
第57話:鉢の中の金魚
第58話:夏が終わる
第59話:蟹を食う
第60話:夜の海
第61話:変貌
第62話:生まれ変わったら

念願だった蟹を腹いっぱい食って満足な二人、夜の海岸へ向かう。

彩女からスマホのロックNo.とキャッシュカードの暗証番号を教えられた北。「あなた死なないんでしょ?」

本心を突かれ言葉が出ない。死ぬことより、彩女と一緒に生きたい希望が強くなったいた。「…この銀河鉄道を降りよう!」と必死に説得するのだが。

「旅のことを書き残したノート」を夫・一騎に渡してくれと、「私のスキャンダラスな死を小説にして、日本一の作家になって欲しい」遺書だった。

「次生まれてくることがあれば、宮沢賢治を愛せる女になりたい」と言い残し泣きながら水面から消えた彩女。…

助けようと後を追った北だったが、波にのまれてしまった。

第8巻 一騎を発見!彩女は生きていた

第63話:残されたもの
第64話:ノートの中身
第65話:動向
第66話:咆哮
第67話:被害者
最終話:温かい雪
エピローグそれから…

翌朝、二人は浜辺に打ち上げられていた。

意識が戻った北、彩女を捜すと、浅い水たまりに浸っていた。「美しい!」まるで水中花のようだ。

OK
OK

「パイレーツ・オブ・カリビアン」でのワンシーンを思い出しましたね。

泣きながら彼女を抱きかかえ、車へ乗せた。

ノートに書かれていた旅程を読み、愛人といる一騎の居場所を探し見つけ出した、「美瑛町四季彩の丘」。

彩女が死んだことを伝えると、「うるさいやつだ」と一喝された北、猛然と殴りかかった。

「やめて!」と女の声が!彩女は生きていた。

嘘つき呼ばわりされた北、そこへ警察が。逮捕されるかと思いきや、マスコミで騒がれるのを恐れた一騎「痴話げんかだから大丈夫だ、逮捕はしなくていい。」

愛する北のこと思い、何もいらないから別れてくれと、夫に土下座する彩女。

死ねなかったことを後悔、泣き出す彼女を「美瑛町四季彩の丘」に連れて行った北。

夏は、北海道で美しい花畑を見て蟹を食べようと約束。そして結婚、子どもを授かり親子で北海道で暮らしている。…

「雪女と蟹を食う」主な登場人物▶

まとめ

この作品には「銀河鉄道の夜」の話が何度か出てきます。

貧しい少年ジョバンニと親友カムパネルラが銀河鉄道に乗って旅をする物語。カムパネルラは、いじめっ子を助けるために溺死するという不条理さ、自己犠牲が、その死を受け入れるしかない辛い現実が描かれていました。

痴漢冤罪という現実に絶望した北は、生きる望みを失い強盗に入った家の美しい人妻・彩女に翻弄されていきます。

不倫している夫のために悩み苦しみ、愛されない自分を責める彩女は、北との不倫旅行の清算に自分の死を決めていました。

自分のスキャンダラスな死を小説にして、夫には日本一の作家になって欲しいという。とても納得できる話ではありませんでしたが。…彩女は生きかえり、北に愛されて暮らすというハッピーエンドとなりました。

美しき人妻と強盗男の不倫旅行【雪女と蟹を食う】

  • タイトル:「雪女と蟹を食う」
  • 作者:Gino0808
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2019年6月

夫の不倫で心を病んでいた美しき人妻・彩女。自殺したい強盗男・北と出会い、北海道へ死に向かう不倫旅行に出た。…

※北の本名は小日向陽平、父の実家は沖縄。新婚旅行で沖縄へ
雪女と蟹を食う 沖縄編イメージ「雪女と蟹を食う 沖縄編」が、2022年7月4日発売の「週刊ヤングマガジン」31号から短期連載中!

人気不倫漫画ネタバレ