http://column.webcrow.jp/からサイト移転・URL変更しました。

まさかの四角関係?【サレ妻シタ夫の恋人たち】最新話まで先行公開中!

サレ妻シタ夫の恋人たちカバー 不倫マンガ
不倫マンガ

可愛らしい妻の夫は優しいイケメン夫、お似合いの夫婦だ。

結婚4年目妊活に焦る妻だが、夫に求められることもなく。…排卵日になると頭を下げて、性交をお願いする。

次第にその願いも拒否されるようになり、見えてきた女の影、夫のシャツのにおいから。怯えながら、その正体を暴こうとする妻。…

赤ちゃんを授けてくれるなら、浮気を許そうかとも思ったが。…

まんが王国で、11巻まで先行配信中。2022年9月20日 11巻までポイントでまとめました。ネタバレです。順次更新して行きます。キレイでちょっと怖い絵、ユーモアセンスもイイですよ。

「サレ妻シタ夫の恋人たち」

サレ妻シタ夫の恋人たちカバー

※最新話は「まんが王国」だけで先行配信中!

まんが王国 10/8まで2冊無料

【おすすめポイント】
妻の妊活と赤ちゃんを産むことへの執念を感じるお話。妻・もかは妊娠すれば、不倫を許してもイイのか?

OK
OK

「まんが王国」は、毎日最大50%のポイント還元!無料漫画は常時3000作品以上とイッパイ!読み応え満点!ブラウザも使いやすいですよ。先行配信タブよりご覧いただけます。

主な登場人物

  • 鴛田 もか(おしだ もか)…34歳、結婚4年目の専業主婦。家事代行業のバイトをしている。
  • 鴛田 正臣(おしだ まさおみ)…34歳、システムエンジニア。
  • ゆりちん…もかの親友、黒髪メガネの知的な女性。
  • 三角 和寿喜(みすみ かずき)…38歳、有名小説家、もかのクライアント。
  • 涼木 凛(すずき りん)…正臣の大学時代の同級生。

1巻 妊活上手く行かず

優しい夫のイメージ

画像:https://twitter.com/BELOVE_henshubu/status/1476390082210942976/photo/2

瞳がパッチリと見開いた可愛らしい妻・鴛田 もか(おしだ もか)と爽やかで男前の夫・正臣(まさおみ)の夫婦。

結婚4年目となり、子どもが欲しい”もか”、排卵検査薬を使っている。

祝日だというのに、クライアントに呼び出れたと仕事に行く夫。今日は排卵日、夫にお願いする。

親友ゆりちんから呼ばれてダベる”もか”、子作りの話で盛り上がるが。表参道を女と腕を組んで歩く正臣を見たと言われ、気になるがまさかと否定した。

夫と夕食を一緒にとり美味しいと褒められるが、「エッチしよう」と言うと、疲れてるからとあっさり拒否される。

必死に頭を下げてお願い、何とかしてもらったが、また生理がやって来てガッカリする”もか”。

正臣に報告するが、慰めの優しい言葉もない夫に温度差を感じ始める。仲良し夫婦はもう終わったと。…
 

家事代行業のバイトに行く途中、親子連れを見かけ、子どもができない自分が辛くなった。

今日のクライアントは、三角 和寿喜(みすみ かずき)、武家屋敷のような豪邸に住む男、着物が似合うなかなかの色男である。

家主不在、合鍵で入り掃除をしていると。…「涼木っ!勝手に上がり込むなー」熊手の家内安全と書かれた紅白札が”もか”の顔面に命中。

涙顔の”もか”、必死に謝る三角。後にこの二人、なかなかの迷コンビになるのであった。…

2巻 女の影が…

掃除の出来を褒められ、居間でコーヒーをご馳走になる”もか”。三角の元妻が置いていった犬パグと、ジャレていると機嫌が治った。

三角に泣いていた理由を聞かれ、妊娠しなかったからとは応えられなかった。

そして「旦那が浮気したか?」と突っ込まれ、わからないと応える”もか”に「じゃぁ、ボクと浮気する?」。この言葉にキレた”もか”、「夫は浮気すような人ではない!」そう言わせるために打った三角の芝居に、少し心がやすらいだ”もか”である。

その頃、午後休をとって退社した正臣、凛という女とホテルにいた。”もか”の気持ちは完全に裏切られたのだった。…

3巻 正臣のシャツのにおい

”もか”は食べ飽きたという正臣に、奥さんがいるからこの時間が楽しいと言う凛。ふ~っとタバコの煙を吐いた「奥さんにも優しくね…」

この言葉で、花を買って帰ることにした正臣。もちろん浮気している罪悪感を消すために。

花「ブルースター」を受け取り喜ぶ”もか”、花言葉は「信じあう心」。朝、慰めの言葉が出なかったと謝りながら、”もか”を抱き寄せる。

食後、ソファーで仲良く団らんする二人、三角家のことを聞かされた正臣、三角和寿喜をジジイだと思ったらしい。
 

正臣のにおいが、いつもと違うことに気付いていた”もか”。正臣が寝たあとシャツにのにおいを嗅いだ、甘ったるい?タバコの匂い?メンソールだ…「信じあう心」は一瞬で消え去った。

4巻 もかは早く赤ちゃんを産みたい!

昨夜眠れなかった”もか”、何もなかったかのように朝食を用意した。お花のお礼だと豪華なメニューが並び、内心イイ女だと囁く正臣。

メンソールのにおいが鼻について抜けない”もか”、女の姿が幻で見える。浮気の疑惑は消えない。

日中、水回りの清掃で行ったマンションで、小さな男の子にお礼を言われた”もか”。きっと子どもができれば、浮気の心配はないしもっと幸せになれると感じた。

排卵検査薬とセクシーランジェリーを購入して家に帰った。次の排卵日に身につけようと心が踊り出す。

数日後、三角家を訪問した”もか”、スッキリしていた。「案ずるより産むが易し」

5巻 凛にハマっていく正臣

基礎体温と周期アプリで排卵日の予定をカレンダーに記入した”もか”。トイレに置いて夫と共有することに、不満顔の正臣。

今日は週一で契約した三角家へ、書籍を置いている部屋の整理。

大量に積まれた新刊の小説を発見、三角が探偵小説を得意とする人気小説家だと知る。家事歴を聞かれ20年と応える”もか”、中学のとき母親が出ていったと言う。

そして排卵日に差し掛かかり、期待する”もか”に正臣から電話、深夜まで残業だと。一瞬怒りが込み上げたが、終電まで帰るという言葉を信じることにした。

夜間のデータベース移行作業中の正臣に凛から電話、汐留のホテルにいると誘われる。一瞬”もか”の顔が過るが、行くと応えた正臣。それ以降電話に出ることはなかった。不安になる”もか”…

6巻 凛がずっと好きだった正臣

仕事を終えて、凛に会うため走り出した正臣。20歳の頃を思い出す。

ウエートレスのバイトをしていた凛に会うため、好きでもないパンケーキを注文しに通っていた。

同じ大学の学生だとわかり友だちにはなれたが、頭が良くてモテる凛の彼氏には届かず、そのまま卒業を迎えた。凛はマスコミ関係に進んだらしい。

半年前の土砂降り日、ずぶ濡れになっている凛と池袋で偶然再会した正臣、昔の好きだった思いに火が点いた。

ホテルでパンケーキを用意していた凛に「勘弁してよ」と笑う正臣。一人怒りが収まらない”もか”、物に当たり散らす。食器が散乱した中、片付けながら冷静になろうと考えた。「赤ちゃんを授けてくれるなら、浮気を許そうと?…」

早朝帰って来た正臣、必死に言い訳をする。怒りを抑える”もか”にセックスすると言う。精力は使い果たして来たはずだったが、ヤリとげた正臣は許された。…

7巻 もか不倫相手を特定

鼻歌・脱ぎっぱなし、正臣の些細な癖も許せなくなった”もか”。また木曜日の深夜作業を告げられた。

ゆりちんのアドバイスで証拠集めをすることに。手始めは夫のスマホ、ドキドキしながら初めて開いてみた。

LINEからすぐ特定「プロダクション涼木」、スクションを撮る。PCから検索、代表「涼木 凛」放送作家・ライター・編集者、正臣の大学の同級生か。いつから会ってる!怒りが込み上げてきた。…
 

三角家、まったく原稿が書けない和寿喜。編集担当に謝りの電話を入れると、犬の「ビクトワール」に散歩を急かされる。お菓子を買って自宅に戻る途中”もか”と会う。死んだような眼で見つめられた和寿喜、「何かあったな?」

お茶の時間、”もか”から突然の告白?「夫を尾行したいから、手伝ってもらえませんか?」…

8巻 もかと和寿喜の迷コンビ!尾行開始

スマホから不倫相手を特定、会う曜日もわかったので。…「私に嘘ついていたなんて!」出されたお茶菓子を、フォークで粉々に砕いた”もか”。

殺気を感じた和寿喜、ブレーキをかけようと自分のことを話し始める。

作家としての仕事が軌道に乗り始めた頃、妻の相手もできず孤独にしてしまった。そして妻から離婚届を叩きつけられた。ボクはやり直すチャンスが欲しかった。…

質すときは「覆水盆に返らず」慎重に、尾行を思い止まらせたつもりの和寿喜だったが。…

どうしても自分の力で証拠を集めるという”もか”の強い思いに負けた和寿喜、尾行を手伝うことになった。迷コンビ誕生!

正臣のスマホと同期されているPCから、木曜日の予定を炙り出した”もか”、和寿喜に連絡する。

SNS不倫!スマホロックしてもバレます
不倫している人のスマホには、メールやLINEの履歴、二人の思い出のイヤらしい画像や映像が必ず残っています。画像や映像は時...

木曜日の夕方の日比谷公園で待ち合わせた二人、まず正臣を撮影。次に銀座方面へ移動、走り出す。…凛は現れるのか?

9巻 不倫現場へ到着した二人

木曜日15時、凛は講談社東京本社で執筆の依頼を受諾したが。後ろから肩に手をかけ、食事を誘うセクハラ編集長の手を払い除けると睨まれる。会議だと、慌てて取り繕った。外へ出て一服、落ち着かせた。

16時50分銀座、喫茶チェーンに入った正臣。和寿喜だけが中へ、”もか”はテラスで待機。スーツ姿の女性と合流、自撮りのフリで女性を撮影、”もか”へ送信したら、正臣と同じ会社の女性らしい。盗み聞きしていた和寿喜、これから正臣は池袋の本社へ向かうと彼女へ伝えた。

「旦那さんシロでは?」と言われ、疑心暗鬼だったのかと思った瞬間、タクシーに乗る正臣。急いでタクシーに飛び乗った二人、尾行してもらう。到着したのは、芝公園近くのホテル。

正臣を追う”もか”、エレベータへ一緒に乗り込もうとする。その瞬間、和寿喜が彼女の腕を引っ張り、エレベーター脇に後ろから覆いかぶさり、顔を見られなかった。

現場へ踏み込もうとした”もか”に説教する和寿喜。完全に我を見失った”もか”、涙が止まらない。正臣の顔を見ると吐き気がすると吐露した。

愛する気持ちと憎む気持ちの間で苦しむ彼女を、不憫に思う和寿喜だった。…

10巻 すべての元凶は「涼木 凛」

真っ青な顔で張り込みを続けると言い張る”もか”。体調の悪い状態では無理だと言い聞かせ、タクシーで家まで送って行く和寿喜。

途中の車内で、正臣の不倫相手はインフルエンサーだとサイトを見せる”もか”。「涼木 凛」…唖然とする和寿喜。
 

ホテルでは、激しく求め合った二人。もうすぐ凛の誕生日、お祝いで来週の木曜日温泉へ行こうと提案する正臣に、テレビの生放送に出るからと言う凛。着実に夢を実現して行く凛、輝いていた。
 

家まで送ってもらった”もか”、玄関で倒れた。さすがにこのまま置いて行けず、和寿喜は部屋に上がる。彼女をソファに座らせ水を飲ませると、ベットで横になると言うので寝室へ連れて行くと。…

「私を寝取ってみませんか?」動揺する和寿喜、口づけを交わそうとするが思い止まった。「好きでもない男と寝たらあかん!」やり返したかったと、謝りながら涙する”もか”だった。

すべての元凶は「涼木 凛」。小説家「三角 和寿喜」の元担当で出禁の編集者、そして元妻だった。…

11巻 もかは妊娠したが…

木曜日、正臣は会社に泊まるとウソをついて帰らなかった。

夫の顔を見たくない”もか”、夕方唐揚げを揚げていると吐き気を催した。ニオイで?もしかしてつわりか?

土曜日ドライブに行くと言われ戸惑う”もか”だったが、腕を組んでアイスを食べたりボートに乗ったり、結婚前にデートしていたときと同じような雰囲気に少しだけ心が和んだ。
 

元妻・涼木 凛のことを”もか”に言うべきか悩む和寿喜。結局、涼木に電話すると「用があるときはメールでしょ!」と言われ、「鴛田 正臣」の名前を出すとすぐに電話を切られた。
 

雨が強く降る木曜日の晩のこと。生理が一週間遅れている、…妊娠検査薬で妊娠していることを確認した”もか”。

そこへ帰ってきた正臣に伝えようとするが、急いでテレビを付けた。「涼木 凛」の生放送、大学時代の友だちだと自慢気に笑いながら話す正臣。

凛の顔がアップになった瞬間、夫・正臣を殺したい衝動にかられた”もか”。…新しい生命が、この夫婦を変えられるのだろうか?

「サレ妻シタ夫の恋人たち」主な登場人物▶

サレ妻シタ夫の恋人たちカバー

※最新話は「まんが王国」だけで先行配信中!

まんが王国 10/8まで2冊無料

【おすすめポイント】
妻の妊活と赤ちゃんを産むことへの執念を感じるお話。妻・もかは妊娠すれば、不倫を許してもイイのか?

OK
OK

「まんが王国」は、毎日最大50%のポイント還元!無料漫画は常時3000作品以上とイッパイ!読み応え満点!ブラウザも使いやすいですよ。先行配信タブよりご覧いただけます。

人気不倫漫画ネタバレ