http://column.webcrow.jp/からサイト移転・URL変更しました。

GPSアプリの罠【見守りサービスLife360】位置情報販売していた!

life360利用イメージ GPSアプリ
GPSアプリ

Yahoo! JAPANのPR

子どもを見守るGPSアプリとして、全世界3,300万人に利用されている「Life360」。

2015年から2017年までYahoo! JAPANと業務提携、日本でも人気の位置情報共有アプリです。

その子どもと親、数百万人の位置情報データが、第三者に販売されていたことが判明、元従業員の証言で発覚。

おそらく、利用者家族の家、学校や職場なども特定されていたのでしょうね。

記事:https://www.macrumors.com/2021/12/06/life360-selling-location-data-of-millions/

「Life360」どんなアプリ?

家族の居場所がすぐわかるアプリイメージ

子どもや高齢者が利用する見守りGPSと同じような機能を持つGPSアプリ。基本利用は無料、有料のプレミアムプランも用意されています。

Life360イメージ
Life360と家族
移動履歴
チャット

例えば、親と子どもがスマホにアプリをインストールすると、位置情報の共有ができます。

到着した場所を通知したり、困ったら緊急通知、グループでチャット、盗難や紛失時にスマホの追跡・監視ができます。

浮気調査できるアプリとして話題になったこともあります。

無料アプリは怖い!

「Life360」のCEOであるChrisHullsは、無料で提供できる「ビジネスモデルの重要な部分」と説明。

アンチウイルスソフトメーカー「Avast」も同じことをしていました。

「見守りサービス」「アンチウイルス」誰もが安心して利用する無料サービスから、個人情報が販売されていた恐ろしい事実。

「無料」タダほど怖いものはない!とくにアプリは!

1億DL人気公式アプリで感染!簡単にできる【マルウェア対策】
1億DLの人気アプリにマルウェア!Google Playストアで発見、公式ストアのアプリでさえ安全とは言えない時代。スマ...

「Life360」どんな会社?

Tile利用イメージTile | Amazon公式サイト

「Life360」は、サンフランシスコを拠点にオーストラリア証券取引所に上場。

2021年11月、全米シェアNo.1 のスマートトラッカーメーカーの「Tile」を買収。

財布にスマートトラッカー!GPS機能はなかったの?
財布・カギ・バッグなどに付けて使われる「スマートトラッカー」。別名スマートタグ、置き場所を忘れたとき便利。通信有効距離は...

「Tile」は、Apple「AirTag」が市場に参入後、勝ち目がないと「Life360」に身売り。

「Tile」は、3,300万人のスマホユーザーがプラスされることで、Tileを探すネットワークが拡大。

探し物トラッカー「Tile」に、GPSの位置情報も把握できるようにするのが「Life360」の狙いのようです。