http://column.webcrow.jp/からサイト移転・URL変更しました。

【ワイヤレスイヤホンAirPods】でロシア軍の位置情報を追跡した!

戦車で侵攻するロシア兵 紛失防止タグ
紛失防止タグ

ウクライナの首都キーウ近郊のホストメルに住むセメネツさん、ロシア兵に「AirPods」を略奪されました。

ロシア軍がキーウ地域から撤収後、iPhoneの「Find My」アプリで追跡開始したところ、ロシア兵は国境を越えてベラルーシのゴメリ市付近へ、さらにロシアのベルゴロド市に移動。

ここはロシア軍がドンバス(ルハンシク・ドネツク)攻撃のために集結している場所でした。

さまざまなロシアの情報がそこらじゅうで流出、ネットに晒されていますね。

記事:中央日報 https://japanese.joins.com/JArticle/290118
アイキャッチ画像:CNN https://www.cnn.co.jp/world/35185713.html

OK
OK

セメネツさんは「AirPods」を追跡できることを証明しました。

「AirPods」を失くしても、iPhoneで追跡できる

「AirPods」には「AirTag」と同じ技術が使われています。

【Apple紛失防止タグAirTag】iPhoneで探す!他人を追跡したらバレる!
Appleの紛失防止タグ「AirTag」iPhoneで探す。MAMORIOやTile Mateを完全に超越した!巨大ネッ...

購入したら、まずiPhoneやiPad、Macとペアリングしましょう。これで位置情報がわかるようになります。

AirTagで持ち物を探すイメージ

「AirPods」のBluetooth信号を、世界中のiPhoneユーザーのデバイスを経由しながら検知、位置情報を取得できるのです。

ワンポイント
ワンポイント

iOS 13から「iPhoneを探す」と「友達を探す」を統一して「探す」(Find My機能)になりました。

「探す」アプリの設定

「探す」アプリの設定
  1. 電源がON
  2. Bluetooth設定がON
  3. 「iPhoneを探す」がON
  4. 「”オフラインのデバイスを探す”を有効にする」がON
  5. 「位置情報サービス」がON

世界中、約10億人のAppleユーザーの「探す」ネットワーク。iPhone「探す」アプリから「紛失モード」で、他のユーザーが「AirPods」を検知すると、通知が届く仕組みになっています。

「探す」ボタンイメージ

「紛失モード」を有効にすると、「AirPods」を拾った人に自分の連絡先電話番号を伝えることもできます。

Bluetoothの通信圏内から離れた時にアラートを受け取ることも、音を鳴らして探すこともできます。

iPhone 11から対応しているUWB(Ultra Wide Band)、超広帯域無線システム無線技術は、到達距離が100m~200mと長く、正確にAirPodsの場所を特定できます。

ワイヤレスイヤホン「AirPods」

「AirPods」は現在第3世代まで進化中。「AirPods」をiPhoneまたはiPadの近くに置いて「接続」をタップするだけでペアリングできます。