http://column.webcrow.jp/からサイト移転・URL変更しました。

【Apple紛失防止タグAirTag】盗まれた車を追跡!

盗難車発見実像 紛失防止タグ
紛失防止タグ

アメリカ・シカゴの郊外に住んでいるthinkscotty氏。

2021年10月第3週のとある日、ドライブに出かけようとしたところ、ガレージに置いていた2010年製のスバル・フォレスターがなくなっていることに気がつきました。

弟が乗って出かけたと思い連絡をとったが違うと。あわてて警察に連絡すると、シカゴ郊外には何百万台もの車があるので「見つかる可能性は低い」という応え。

AirTag追跡開始

そこで「サングラスホルダーに予備のAirTagを放置していた」ことを思い出したthinkscotty氏。

AirTagを探してみると、前日の22時17分には家のガレージにあったという位置情報が表示され、さらに10分ほど探知を続けると、シカゴから車で30分ほど離れたイリノイ州ノースレイクにあるウォルマートの駐車場を示す位置情報が表示されました。

AirTagの場所

自宅付近

ウォルマートの駐車場付近

この情報を警察に提供。警察はウォルマートの駐車場に向かってくれたそうですが、車は見つかりませんでした。

この連絡を受けたthinkscotty氏が自ら駐車場に向うと、AirTagは他の車の下に投げ捨てられていました。

おそらく音が鳴って、犯人に発見されたと思われます。

AirTagを回収しようと車の持ち主を30分待つが諦め帰宅の途中、盗まれた自分のフォレスターとすれ違い追跡。再びウォルマートの駐車場に、警察に通報、犯人は逮捕されました。

AirTagが捨てられた時点で追跡は無理だったのですが、thinkscotty氏が幸運でした。

Bluetooth信号(通信有効距離:約20m~70mぐらい。)が妨げられない場所に「AirTag」を隠しておけば、車の盗難対策になります。

もし車を盗まれても追跡できますが、近くにAppleユーザーがいなければ、位置情報が途切れます。GPSとは違います。

記事:盗まれた車をAppleの「AirTag」で取り返したという報告

盗まれた車をAppleの「AirTag」で取り返したという報告
自宅のガレージから車を盗まれるという大事件に遭遇するも、車内のサングラスホルダーにうっかり入れ忘れていたAppleの落と...
ズバリ!
ズバリ!

※AirTagで他人の車やバッグの位置情報を追跡したらバレます。

【Apple紛失防止タグAirTag】iPhoneで探す!他人を追跡したらバレる!
Appleの紛失防止タグ「AirTag」iPhoneで探す。MAMORIOやTile Mateを完全に超越した!巨大ネッ...
AirTag 販売 Amazon Apple公式サイト

AirTag
  • サイズ:直径31.9mm、500円玉より大きめのコイン型の紛失防止タグ
  • 重さ:11g
  • 防水・防塵機能:IP67規格準拠
  • 電池:コイン電池「CR2032」1年以上動作

※電池「CR2032」はコンビニで買える。「AirTag」の裏蓋を反時計回りで取り外し、時計回りで入れ替え完了。電池交換できる紛失防止タグ、逸品です。

AirTag 1個:https://www.amazon.co.jp/dp/B0936FGTX5

AirTag 4個セット:https://www.amazon.co.jp/dp/B093667BW5

AirTag – エレクトリックオレンジ:https://www.amazon.co.jp/dp/B09368T61Y