当サイトはプロモーションを含みます

Webマンガ部門1位受賞【スーパーの裏でヤニ吸うふたり】おすすめマンガ!

スーパーの裏でヤニ吸うふたりイメージ マンガ
マンガ

スーパーの裏でヤニ吸うふたり2巻カバーイメージ

【スーパーの裏でヤニ吸うふたり】一覧表
1巻
1本目 2本目 3本目 4本目 5本目 6本目 7本目 8本目 9本目 10本目
11本目 12本目 13本目 14本目 15本目 16本目 0本目
2巻
21本目 21本目(幕間一前) 21本目(幕間一後) 17本目(小話) 18本目(小話) 19本目(小話) 20本目(小話) 22本目 22本目(幕間一前) 22本目(幕間一後)
23本目 23本目(幕間一前) 23本目(幕間一後) 24本目 冬、居酒屋裏、ふたり未満
3巻
25本目 25本目(幕間一前) 25本目(幕間一後) 26本目 26本目(幕間一前) 26本目(幕間一後) 27本目 27本目(幕間一前) 27本目(幕間一後) 28本目

【スーパーの裏でヤニ吸うふたり】

スーパーの裏でヤニ吸うふたりカバーイメージ

  • タイトル:【スーパーの裏でヤニ吸うふたり】
  • 作者:地主(じぬし)
  • 掲載雑誌:ビッグガンガンコミックス
  • 発行元:スクウェア・エニックス
  • 配信開始日:2022年8月
【作品内容】
毎日仕事に疲れ、Sスーパーでの買い物が生き甲斐の佐々木、2番レジ山田さん大好き、人を疑わず真面目で優しい40代のオジさん。

8年前まで玄関前で吸うタバコが楽しみだったが今では吸えない。すると「おじさーん、こっちこっち…」24歳の女性店員・田山から呼ばれる。…

【ポイント】
人を疑わず真面目で優しいオジさん・45歳の佐々木、24歳の若い女性・田山に弄られ、ほのぼのしていて笑える。ところどころで入る解説があり、これも面白い。

OK
おすすめ

お得感No.1まんが王国 マンガ多すぎシーモア 31日間無料U-NEXT 無料会員で無料本いっぱい読める!毎日が割引でお得!作品はタイトルをコピー検索窓よりお楽しみいただけます。

主な登場人物

  • 佐々木(ささき)…長身痩せ型やつれた顔の45歳オヤジ。
  • 田山(たやま)…スーパーSの喫煙所の住人。
  • 山田(やまだ)…スーパーSの人気店員。
  • 後藤(ごとう)…スーパーSの店長、40歳。
  • 前澤(まえざわ)…スーパーSのチーフ。
  • 遠野(とおの)…佐々木が憧れていた大学の先輩。
無料試し読み
OK
おすすめ

お得感No.1まんが王国 マンガ多すぎシーモア 31日間無料U-NEXT 無料会員で無料本いっぱい読める!毎日が割引でお得!作品はタイトルをコピー検索窓よりお楽しみいただけます。

21本目

今日も出勤早々、アホ上司に怒鳴られる佐々木。なんとか頑張れるのは、2番レジ山田さんの笑顔があるから。

最近見なくなった山田さんを心配しながら元気のない佐々木、買い物を終えると田山からいつものお誘い。

昇給試験のため勉強していると聞かされ、「えらいなぁ~」。励ますメッセージを書いてと、田山から紙を渡され書いた「頑張って下さい、応援しています。佐々木」

山田さんに渡しとくからとニヤつく田山、お返しにクソ上司にムカついたら「殴ってヨシ!たーやま」と書いた紙を佐々木に渡す。バットを持ったてるてる坊主の絵入りだ。

山田さんは見事に試験に合格、佐々木は今日も怒鳴られ田山にもらった紙を見る。

21本目(幕間一前)

田山にもらった紙をパスケースに入れ大事にする佐々木、これを見てニヤつく田山。「役にたってるか?」

魔除けだと言われ、家に帰り調べるがチンプンカンプン。要するにお守りかと喜ぶ山田さん。

21本目(幕間一後)

得意先で猫にジャレられる佐々木、首輪を見て田山の首輪と同じだと思う。

山田さんに話すと、ネクタイをツンツンと突かれ睨まれる「田山ちゃんは犬でも猫でもありません。田山ちゃんのはチョーカーです。」

今日の喫煙所、「これなんだかわかる?」「チョーカーです。」「誰に教えてもらったの?」ニヤつく田山とギクッとする佐々木。

17本目(小話)

車中で休憩中の店長の後藤、一人少女マンガを読む。そこへクレームだとやって来た山田さん。そのまま一緒に向かうことに。

昔は店長の家によく行っていた山田さん、最近は佐々木とつるんで喫煙所。「寂しいですか?」上から目線の山田さんに、「マンガは一人で読むもの、寂しくないよ」。

「佐々木とおもしろいことあった?」と聞かれ「ラーメン奢ってくれたら、教えますよ。」「アホか、まだ勤務中だ。」…

18本目(小話)

同僚から挨拶がギャル臭ぇ~と言われた佐々木、「地味なオッサンがどうした?」。

田山の影響だと確信、喫煙所にいる田山「おつかれーす」田山語だと言われ、両足を振り上げ、隣に座る佐々木の靴を踏み潰そうとする。

ムカつく田山、横目で睨む「オサキニシツレイシマス。オツカレサマデシタ。」まるでロボットだ。

19本目(小話)

山田さんから、アイスクーポンをもらった佐々木。うれしくて、パスケースを忘れていった。

田山にもらった魔除け入りだ。急いで追いかける山田さん。大声で呼べばイイのだが、田山の声になってしまう。やっと追いついた、汗びっしょり。

翌日の田山、「山田さんが息切らして汗だくって、滅多に見られないよ。」佐々木「山田さんは優しいな~。」

20本目(小話)

残暑厳しい頃、寒がりの上司の命令で冷房切られ汗だくの佐々木。今日もやって来た喫煙所。

短パン、水の入った桶に足を浸しながら一服している田山。

「靴下脱ぎなよ。」と誘われ田山の足をチラ見する。そして「ホースで水かけてあげる。」気持ちイイと一服する佐々木。

その顔に一撃、水鉄砲を放つ田山「もし来たらブッかけてやろうと思った」自慢気に話す田山。「若いってイイな~」

22本目

前澤(まえざわ)チーフと休憩中の山田さん。喫煙所におばけが出ると教えられる。

喫煙所に立ち寄る佐々木、田山がいないので帰ろうとすると。背後から首筋にフーと息をかけられ飛び跳ねる佐々木。

いつもイイリアクションだと喜ぶ田山、おばけが出ると教えると。「生きてる人間で精一杯」とまったく興味を示さない。

すると「がたん!」ようすを見に行く佐々木、その背中にしがみつく田山。「大丈夫だよ。」優しく声をかけられる。

そこには、犬がいた。お客さんの犬・大五郎を店長が散歩させていたのだ。「おもろいことあったら、教えろよ。田山…」

「さっきは、ぶつかってごめん。」と帰る佐々木にムカつく田山。

「大丈夫って言ったくせに。」髪を掻きむしりながら「あ~ほ~」と叫ぶ。ビクつく佐々木。

後日またやって来た大五郎、店員さんに囲まれ「名前は?」「ささきですよ。」と応える山田さん。「こらー山田ァー」店長の怒鳴り声が。…

22本目(幕間一前)

何か佐々木に負けたような気がする、怖がりやの田山。克服しようとホラー映画を見ながら一服中。そこへやって来た店長を付き合わせ鑑賞するが、ただ見てるフリ。

「お前には無理だから、ビビらせとけばいいんじゃ。」店長がクレームで戻ると、佐々木が通りかかる。

「おいっ!佐々木くん!」「すみません部長。」ビビる佐々木を見てスッキリする田山、ニタニタ。

22本目(幕間一後)

屋台風の焼き芋屋のコーナーが設置されたSスーパー。懐かしむ佐々木のもとへ店長登場。値引きに来たらしいが、買おうと思っていたからと値引き無しで買うお人好しの佐々木。

ラスイチの焼き芋を持って喫煙所へ。田山が食べたいと言うので、半分個にしてあげる。モグモグ食べる田山の食いっぷりに感動、俺のもあげると言う。

すると「食べるところ、見てたの?」「佐々木さんのスケベ」「もう見ないで、ドスケベ!」今日もやられた。

23本目

仕事が終わり着替えているとき、佐々木からもらった灰皿をなくしたことに気づいた山田さん。

いろいろ探すが見つからず、入り口のリサイクルBOXの底付近を探していると、佐々木が「お疲れ様です。」灰皿のような形状のモノを握りしめたが落とした。ガキのおもちゃだった。

喫煙所で落胆する田山、大五郎がやって来た。「思わず私の灰皿知らない?」これを偶然盗み聞きしてしまった佐々木、大事にしてもらっているのが嬉しくて、大五郎と店外を散策、入り口の排水口から見つけた。

後日、山田さんのレジ。田山さんに渡してほしいと灰皿を差し出す佐々木、思いっきり握りしめる山田さん、真っ赤になる佐々木。「盗み聞きしてたな~」と喜ぶ山田さん。

23本目(幕間一前)

大五郎のおかげで灰皿を見つけられた佐々木、ご褒美に犬のおやつを買う。

喫煙所に向かうと大五郎のしっぽがパタパタしてる。大五郎に礼を言うと、「どういたしましてワン!」田山だ。

大五郎と探してくれたことに感謝しているが「たまたま見つけてくれて、ありがとう。」頭をなでられる佐々木、今日も犬だ。

23本目(幕間一後)

迷子を見つけた佐々木、サービスカウンターへ連れて行こうとして怖がられる。

そこへ現れた田山「お姉ちゃん怖いよー」大声で泣き叫ばれる。前澤チーフが駆けつけ一件落着、さすが子持ちの母親だ。田山、チーフにバレないように逃げる。

喫煙所、泣き叫ばれた田山「私だって本気になれば山田スマイルよ。」あっい向いてホイで佐々木を弄る「この犬のようなおじさん怖いかな~?」

24本目

台風で閉店時刻の早まったSスーパー、濡れながら佐々木がやって来る。ドアの貼紙を見ていると、バンバンとドアを叩く音。仕事を終えた田山、また脅かす。

喫煙所に誘われるがまま、タオルを借りて恐縮する佐々木。雨を避けるため今日の席順は向かい合わせ。タバコを出そうとするがビショビショだ。

田山から哀れみのカンパ、緊張する佐々木に「何でタバコ吸い始めたの?」

「大学時代、付き合いたい女性から口に突っ込まれ、それ以来…」佐々木っぽいとウケる田山。

8年前ここの喫煙所で、吸っていたボサボサ頭の男の人を見てから…」と応える。

「君はずっーとその人に憧れたいたんだよ。」佐々木の言葉に「そうなの!」興奮する田山、壁をバーン佐々木の手に触れる。

家に帰り、お節介なことを言ったと反省する佐々木。憧れの佐々木さんだと言わなくて良かったのか?山田さん。…

冬、居酒屋裏、ふたり未満

23年前の冬、ゼミの飲み会。居酒屋に遅れてやって来た佐々木。

卒業して就職した二つ上の遠野先輩が好きだ。彼女を見ながら飲んでいると、店員に酒をこぼされちょっと外へ出る。

そこへタバコを吸いに現れた遠野「お前私のこと好きだろ。」

タバコを吸わなかった佐々木、いつも憧れの遠野先輩の見るために大学の喫煙所に通っていたのが、バレバレだったのだ。

佐々木「好きでいてもイイですか?」。そういうところがお気入りだと言う遠野、吸いかけのタバコを佐々木の口に突っ込む。「吸えると、もっと近くで見れるぞ。…」

他人のことをいつも気遣う心優しき男・佐々木、いつも好きな女性に弄られるほのぼのおじさん。幸せになって欲しいですね。

25本目▶

スーパーの裏でヤニ吸うふたりカバーイメージ

  • タイトル:【スーパーの裏でヤニ吸うふたり】
  • 作者:地主(じぬし)
  • 掲載雑誌:ビッグガンガンコミックス
  • 発行元:スクウェア・エニックス
  • 配信開始日:2022年8月
【作品内容】
毎日仕事に疲れ、Sスーパーでの買い物が生き甲斐の佐々木、2番レジ山田さん大好き、人を疑わず真面目で優しい40代のオジさん。

8年前まで玄関前で吸うタバコが楽しみだったが今では吸えない。すると「おじさーん、こっちこっち…」24歳の女性店員・田山から呼ばれる。…

【ポイント】
人を疑わず真面目で優しいオジさん・45歳の佐々木、24歳の若い女性・田山に弄られ、ほのぼのしていて笑える。ところどころで入る解説があり、これも面白い。

OK
おすすめ

お得感No.1まんが王国 マンガ多すぎシーモア 31日間無料U-NEXT 無料会員で無料本いっぱい読める!毎日が割引でお得!作品はタイトルをコピー検索窓よりお楽しみいただけます。